北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、金正恩党委員長が25日、平壌で旧正月の記念公演を鑑賞したことを報じた記事の中で、叔母の金慶喜(キム・ギョンヒ)氏が同席したと伝えた。

金慶喜氏は2013年12月に国家転覆陰謀罪で処刑された張成沢(チャン・ソンテク)元朝鮮労働党行政部長(国防副委員長)の妻で、約6年ぶりに健在が確認された。

(参考記事:そのとき、夫を殺された叔母は金正恩に銃口を向けた

同通信は、金慶喜氏が金正恩氏の夫人・李雪主(リ・ソルチュ)氏と妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長の間の席で公演を鑑賞する写真も公開。党機関紙の労働新聞も同様の記事と写真を掲載した。北朝鮮で独裁を敷いてきた「白頭の血統」の結束を内外にアピールした形と言える。

金慶喜氏は2013年9月9日の建国65年記念行事に参加したことが伝えられて以降、動静が途絶え、重病説や死亡説も出ていた。

    関連記事