人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮では、様々な「権限」が利益を生み出す。取り締まりの権限を持っている機関は、取り締まりを行うよりも、その権限を振りかざし、ワイロをせびり取る。

中国と国境を面する地域の保衛部(秘密警察)は、今起きている違法行為にとどまらず、過去の違法行為で人々を脅迫し、カネを巻き上げていると、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

鉱山都市の茂山(ムサン)に住む李さんは2年前、若い母親とその子どもを中国に売り払った事件に加担した容疑で保衛部に連行された。情報筋によると、李さんは人身売買のブローカーではなく、何らかの成り行きで事件に加担してしまったようだ。家族が1万元(約16万円)のワイロを払ったおかげで無事釈放された。

ところが昨年12月、当時の捜査担当者が再び李さんのもとを訪れ、「事件はまだ終わっていない」と告げ、「中国に送ったのは2人だから、1人あたり1万元だ、さらに1万元をよこせ」とさらにワイロを払うよう脅迫したというのだ。李さんは、再び連行されて処罰を受けるかもしれないとの恐怖心から、頭がおかしくなってしまった模様だ。

それもそのはず、北朝鮮の捜査機関は、暴言や拷問で容疑者を痛めつけ、時には「処刑する」と脅しながらワイロをむしり取るのが常套手段だからだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

保衛部がなぜこんなことをするのか。それは、違法行為が減少しているからだ。

当局は、国境地帯の統制を強化し、脱北者、ブローカー、密輸業者への締め付けを強めている。こういうときはおとなしくして嵐が過ぎ去るのを待つのが北朝鮮の人々が体得した生活の知恵だ。そのため、違法行為が影を潜めてしまった。保衛部は、違法行為が減って喜ぶどころか、ワイロをせびるネタが減ってしまい、苦境に陥った。その打開策が、過去のネタでカネをむしり取るというものだった。

(参考記事:暗がりに潜む金正恩の「処刑部隊」…中朝国境が緊張

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

茂山の人々はかつて、鉱山が生み出す莫大な利益の恩恵を受け、北朝鮮の中では豊かな暮らしをしていたが、制裁で鉱山の操業が止まったことで、苦境に立たされた。労働者は子どもを置き去りにして、相次いでヤマを去る有様だ。経済的苦境が保衛部の職員の暮らしにも影響を与え、さらなるゆすりたかりに走らせる。

(参考記事:北朝鮮有数の鉱山が操業中断、路頭に迷う子供たち

1万元ものワイロを支払う経済的余裕がない李さんは、金策のために家を売り払うしかない。しかし、こんな真冬に家を失えば命にもかかわる。一体どこに行けばいいのかと頭を抱えているという。

家族の誰かが脱北して韓国に住む人は、保衛部の格好の餌食となっている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

両江道の金正淑(キムジョンスク)郡に住む女性は、韓国に住む夫から仕送りを受け、裕福な暮らしをしていたが、自身も脱北しようとした容疑で保衛部に逮捕された。半年後に5万元(約81万円)ものワイロを渡してようやく釈放された。

保衛部は、定期的に上納金を払う条件で見逃す場合もあれば、逮捕して拷問で痛めつけた上で多額のワイロをむしり取る場合もある。前者の場合、定期的に決められた額のワイロが入ってくるというメリットがあるが、取り締まりの強化で、韓国に住む脱北者と北朝鮮の家族の間の通話や送金が困難になり、「ネタ」が減ってしまった。そこで、一気に多額のワイロが手に入る方法を使った模様だ。

韓国から北朝鮮への仕送りの総額は、わかっているだけでも2018年の1年間で3億ウォン近い(北韓人権情報センター調べ)。

(参考記事:脱北計画で逮捕された北朝鮮女性、多額のワイロを払い釈放

そんな保衛部のやり方が知れ渡り、地域住民は「メンツをかなぐり捨てて、住民の過去の罪まで持ち出して金儲けに没頭している」と激しい非難の声を上げている。

    関連記事