北朝鮮外務省は30日に発表した日本担当副局長の談話で、28日に発射した「超大型ロケット砲」を日本が弾道ミサイルと見なしているとして安倍晋三首相を名指しで非難、「安倍は本当の弾道ミサイルが何かを遠からず、それも非常に近い所で見ることになるかもしれない」と警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

談話は「無知と愚昧を完全にさらけ出した」などと、安倍氏に対してきわめて低劣な罵詈雑言を並べた。

    関連記事