北朝鮮当局は先月初め、大規模な特別赦免、つまり教化所(刑務所)で受刑している人を減刑または釈放する恩赦を取った。しかし、通常とは異なって特別な理由なく行われた措置で、その意図をめぐって議論を呼びそうだ。

この情報を伝えた咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、赦免が行われたのは10月初め。「元帥様(金正恩党委員長)のご配慮」という理由で、突如として赦免が実施され、主に長期間収容されていた人が釈放された。市民は「一体何が起こっているのかわからない」と首を傾げている。

北朝鮮は、太陽節(4月15日の金日成主席の生誕記念日)、光明星節(2月16日の金正日総書記の生誕記念日)、朝鮮労働党創建日(10月10日)、人民政権創建日(建国記念日、9月9月)などの政治的に重要な記念日や、整周年(5や10で割り切れる年)などに赦免を行ってきた。

例えば、2015年には、8月15日の光復(日本の植民地支配からの解放)70周年と、10月10日の2回に分けて赦免が行われた。歓迎する声が上がった一方で、対象者が少なすぎる、刑期が短い人、栄養失調などの病気になった人ばかりが対象となっているなどと言った不満の声も上がった。

(参考記事:北朝鮮、大赦で受刑者15万人減刑…「金正恩氏の配慮」強調

    関連記事