北朝鮮国営の朝鮮中央通信は5日、非常に強い台風13号(レンレン)同国の広い地域が豪雨などに見舞われる可能性があると伝えた。

台風13号は現在、東シナ海を北上している。同通信が気象水文局の情報として伝えたところでは、台風は「時速14キロの速度で朝鮮西海岸に沿って北上して7日夜、黄海南道(ファンへナムド)付近に到達した後、黄海南・北道、平安南道(ピョンアンナムド)、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の内陸を経て8日午前頃に咸鏡北道(ハムギョンブクト)付近を通り過ぎると見られる」という。

(参考記事:金正恩氏「7000人死亡リゾート」を襲う新たな悪夢

またこの際、「7、8の両日、東・西海岸のほとんどの地域に50~100ミリ、特に咸鏡南・北道の一部の地域で200ミリ以上、平安北道、黄海南・北道の南部地域で150ミリ以上の豪雨を伴う多量の雨が降り、慈江道、両江道の一部の地域を除いた全国の各地域で10メートル/秒以上、局部的に15~20メートル/秒以上の強風が吹く」としている。

さらに7日夜から8日午前にかけて、東海岸では高波への警戒が必要になるもようだ。

    関連記事