北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、米韓合同軍事演習を非難し、相次ぐミサイル発射を正当化する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、20日に終了した米韓合同軍事演習を「われわれに対する重大な軍事的挑発であり、われわれの平和努力に対する挑戦、愚弄である」と非難。

続けて「米国が合同軍事演習の強行を通じて挑発的に出ているだけに、それに対処してわれわれは国家防衛に必須の威力ある物理的手段を開発、実験、配備せざるを得ない」と述べ、このところ立て続けに行ったミサイル発射を正当化した。

    関連記事