北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は15日、「日本は敗北の教訓を忘れてはならない」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、第2次世界大戦での日本の敗北は「他民族支配の野望に浮ついて他国を侵略し、略奪した者は必ず歴史の峻厳な裁きを免れないということを示した契機となった」と指摘。

それにもかかわらず、「日本の反動層は罪多い過去を清算することに対する国際社会の要求に正面切って挑戦し、盗人猛々しくごう慢無礼に振舞っている」と非難した。

    関連記事