北朝鮮は25日午前5時過ぎ、東海岸の元山(ウォンサン)から2発の飛翔体を発射した。

聯合ニュースが韓国軍合同参謀本部関係者の話として伝えたところでは、北朝鮮は午前5時34分と同57分ごろに元山から東側の海に向けて飛翔体を発射。いずれも短距離ミサイルだったと見られるという。また、2発とも高度約50キロまで上昇して海上に落下したもよで、1発目の飛行距離は430キロ、2発目は米国の分析の結果、1発目よりも長い距離を飛んだと見られるという。

(参考記事:金正恩がナイショで乗っていた「密輸レクサス」と危ない話

北朝鮮が5月4日と9日にロシア製の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」と酷似した短距離弾道ミサイルを発射しているが、今回発射した2発も、5月9日に発射した1発目と似た飛行パターンを見せたという。

北朝鮮は、米韓軍が来月実施予定の合同演習に対する反発を強めており、大陸間弾道ミサイルの試射再開の可能性を示唆するなど、対抗措置を取る姿勢を見せていた。

    関連記事