同紙は、異なるものがあるなら、第2次世界大戦の時期には日本が単独で中国大陸へ攻め入ったならば、今回は米国と共同で自分らの侵略的目的を達成してみようとしている事実であると暴いた。

また、米国を後ろ盾にして20世紀に遂げられなかった「大東亜共栄圏」の昔の夢をなんとしても実現してみようとするのが日本の反動層の下心だとし、次のように強調した。

日本の反動層ははっきりと認識すべきである。

こんにちの世界は過去に日帝が大陸侵略に狂奔していた時の世界ではなく、日本の海外膨張はいつになっても実現できない愚かな妄想である。

日本の反動層が内外の強い抗議と糾弾にもかかわらず、時代錯誤の海外膨張野望の実現に飛び込むなら、それはすなわち日本の自滅につながるであろう。---

    関連記事