同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 日本の過去犯罪は決して歴史の闇に消えない

【平壌6月10日発朝鮮中央通信】10日付けの「労働新聞」は、6・10万歳示威闘争があった時から93年になることで、署名入りの論説を掲載した。

同紙は、日帝の極悪非道な弾圧蛮行はついに1926年6月10日の大衆的な反日示威闘争につながったとし、次のように指摘した。

三千里の全土を震撼させながら激しく繰り広げられた6・10万歳示威闘争は、日帝の過酷な植民地支配に対する朝鮮民族の積もりに積もった恨みとうっ憤の爆発であり、奪われた祖国の領土を取り戻し、民族の自主権を確立するための大衆的な反日愛国闘争であった。

朝鮮人民の不屈の意志と愛国的気概に怖じ気づいた日帝軍警は、拡大する示威闘争を鎮圧しようとあがいた。

    関連記事