人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

同紙は、問題は日本の尋常でない動きが共同訓練の美名の下、国際平和に対する「貢献」の看板の下で合法化されていることであるとし、次のように指摘した。

日本が「自衛隊」を海外へ進出させ、まるで自分らが地域情勢の安定と平和保障に大きな寄与でもするかのように恩着せがましく振る舞っているが、それは理屈に合わない。

世界のどこを見回しても、戦犯国の「自衛」武力の「協力」を必要としない。

むしろ、日本の「自衛隊」が火薬のにおいを漂わせて世界を奔走するほど、地域情勢はさらに緊張するだけである。「自衛隊」の海外進出に積極的に乗り出す日本の下心はほかにあるのではない。

「自衛隊」の海外進出を定例化し、それを通じて海外侵略の道を容易く開こうとするのが、日本反動層の腹黒い下心である。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

世界の各地に「自衛隊」を進出させて一朝有事の際、海外侵略の先鋒隊に利用しようとするのが、「自衛隊」の海外進出を通じて狙う日本の目的である。---

    関連記事