北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は28日、同国による拉致の疑いがあるとされていた男性が日本国内で発見されたことを受けて、「特大型の過去犯罪を抱えている自分らを加害者から被害者の境遇に変身させて過去清算の責任から逃れようとするところに、日本の反動層の拉致うんぬんの本質がある」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「安倍は軍国主義」金正恩氏、会談呼びかけにカウンター連打

論評はまた、「不当な政治に対する国民の不満をよそにそらし、朝鮮のイメージに泥を塗って日本社会に反朝鮮敵対意識を扶植させることによって、軍国主義海外膨張野望の実現に有利な条件を整えてみようとするのが日本の反動層の本音である」などと述べている。

    関連記事