日本の反動層が気抜けした「北朝鮮の脅威」うんぬんを絶えず唱える目的は、地域に安保不安をつくり出して自分らの無分別な軍事的ヒステリーを被害者の正当防衛にまどわし、しまいには朝鮮半島と地域の平和を完全に破壊して再侵略の名分にしようとすることである。

日本がいわゆる「海上遮断活動」「国際的圧迫共助」「拉致問題解決」をけん伝して騒ぎ立てていることも平和大勢の到来によって「裸」としてそのままあらわになった自分らの軍事大国化企図を覆い隠そうとする煙幕にすぎない。

今、国際社会はやっとのことでもたらされた朝鮮半島と地域の平和雰囲気をあくまでも脅かし、地域内の戦略的均衡を甚だしく破壊する日本に厳正な視線を送っている。

問うが、枯れ葉で裸を覆い隠すことができるのか。

あまりにも明白な質問を日本に投げる。---

    関連記事