北朝鮮の金正恩党院長が最高人民会議第14期第1回会議で国務委員長に再任されたことに対し、ロシアのウラジミール・プーチン大統領とベトナムのグエン・フー・チョン国家主席が12日、それぞれ祝電を送った。朝鮮中央通信が13日付で伝えた。

プーチン氏は祝電で「私は、差し迫っている双務および地域問題に関連して、あなたと共同で活動する用意を確言する」と表明。

またグエン・フー・チョン氏は「わが両国間の伝統的な友好・協力関係がこの前に行われた委員長同志のベトナム公式親善訪問期間、両党、両国首脳の間に遂げられた共通の認識に基づいて、両国人民の利益と地域と世界の平和と安定、協力と発展に合致するように引き続き強化され、発展するとの確信を表明する」と述べている。

    関連記事