北朝鮮のハン・マンヒョク朝鮮労働党中央委員会副部長が6日、モスクワでロシアの野党・公正ロシアのセルゲイ・ミロノフ委員長、ロシア共産党のウラジーミル・カシン副委員長らとそれぞれ会談した。朝鮮中央通信が7日付で伝えた。

ミロノフ氏は、「朝鮮労働党の新たな戦略的路線と朝鮮半島の平和と安定保障のための果敢な措置を積極的に支持すると強調した」という。

またカシン氏は、「朝鮮最高指導部の指導の下で朝鮮人民が社会主義の建設で大きな成果を収めていることについて喜ばしく思うと述べ、朝鮮労働党との関係発展をいつも重視しているロシア共産党は強国建設のための朝鮮人民の闘いを変わることなく支持、声援するであろう」と語ったという。

    関連記事