北朝鮮国営の朝鮮中央通信は27日、金正恩朝鮮労働党委員長(国務委員長)のベトナム入りを報道した。

同通信によれば、金正恩氏を乗せた専用列車は26日8時15分(現地時間)、中国との国境にあるドンダン駅に到着。「迎接するために、ベトナム共産党中央委員会政治局委員で党中央委員会書記であるボー・バン・トゥオン宣伝教育部長、ベトナム政府弁公室のマイ・ティエン・ズン主任、レ・ホアイ・チュン外務次官、ベトナム共産党ランソン省委員会のファム・ティ・フオン・タイン書記をはじめ、ベトナムの党および政府の幹部がドンダン駅に出ていた。また、金明吉(キム・ミョンギル)ベトナム駐在朝鮮大使と大使館員が駅に出ていた」という。

続いて金正恩氏は、専用車に乗ってハノイの宿泊先である「メリア」ホテルへ向かった。ホテルでは「ハノイ市人民委員会のグエン・ドゥク・チュン委員長、ベトナム共産党中央委員会弁公室のファン・コン・ファン常任副主任、ベトナム公安省のブイ・バン・ナム次官(上将)が迎えた」という。

    関連記事