北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、米韓が来月4日から韓国での合同軍事演習「19-1演習」の実施を予定していることに対し、「朝米関係と北南関係改善の流れに背ちする危険な動き」であるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「韓国は正気なのか!?」文在寅政権に北朝鮮から非難

「19-1演習」は従来、「キー・リゾルブ」の名称で行われていた合同指揮所演習。米韓は、毎年上半期に実施されていた大規模な合同野外機動訓練「フォールイーグル」の名称も今後は使わない方針とされる。北朝鮮を刺激しないための措置。

しかし論評は「表では情勢緩和と平和について唱え、裏では戦争装備を引き入れながら合同軍事演習を再開しようとするのは内外の懸念をかき立てる」と主張。続けて「対話と戦争演習、平和と軍事的敵対行為、関係改善と軍事的圧迫は決して両立しない」と強調した。

    関連記事