人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

25日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、南朝鮮での武力増強と戦争演習は意味ある第一歩を踏み出した朝米関係と北南関係改善の流れに背ちする危険な動きだと言わざるを得ないと断言した。

同紙は、表では情勢緩和と平和について唱え、裏では戦争装備を引き入れながら合同軍事演習を再開しようとするのは内外の懸念をかき立てると明らかにし、次のように強調した。

対話と戦争演習、平和と軍事的敵対行為、関係改善と軍事的圧迫は決して両立しない。

北南関係、朝米関係をむやみに扱うなら、重大な結果を招きかねない。

せっかくもたらされた朝鮮半島の平和局面が、相手に反対する軍事的敵対行為によって水泡に帰した過去を想起してみる必要がある。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

危険な軍事的動きが招く悪結果について熟考し、分別のある行動を取るべきであろう。---

    関連記事