北朝鮮国営の朝鮮中央通信は11日、日韓の「レーダー照射」問題の背景には「軍国主義の復活」を狙う日本の意図があるとする論評を配信した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「世界は日本を警戒すべき」…北朝鮮が「いずも」空母化に猛反発する理由

論評は「朝鮮半島で緊張の水位を引き上げて軍国主義の復活と『自衛隊』の強化に有利な政治的環境を整えてみようとする日本反動層の犯罪的企図がいっそう露骨になっている」と指摘。

続けて「朝鮮半島の情勢緊張にかこつけて憲法改正を推し進めて海外侵略の道に合法的に踏み出そうとあがいてきた日本の反動層はこんにち、自分らの政治目的の実現(のため)に、最近疎遠になった南朝鮮との関係まで利用している」などと主張した。

    関連記事