日本は歴代、「北の脅威」についてうんぬんし、それを口実にして軍国主義の復活と再侵略野望の実現に狂奔してきた。

朝鮮半島で緊張の水位を引き上げて軍国主義の復活と「自衛隊」の強化に有利な政治的環境を整えてみようとする日本反動層の犯罪的企図がいっそう露骨になっている。

朝鮮半島の情勢緊張にかこつけて憲法改正を推し進めて海外侵略の道に合法的に踏み出そうとあがいてきた日本の反動層はこんにち、自分らの政治目的の実現に最近疎遠になった南朝鮮との関係まで利用している。

今、南朝鮮の各階層の人々の間で反日機運が日々高まっているのは至極当然なことである。

日本の海外膨張野望は過去も現在も変わりがなく、さらに増大している。

体質的に隣がうまくなることを望まない日本の反動層こそ、わが民族の和解・団結を阻み、朝鮮半島と地域の平和と安定を破壊する癌的存在である。

全同胞は、北と南を選ばずに挑発をこととし、わが民族の未来と朝鮮半島の平和と繁栄を阻む日本反動層の対朝鮮敵視政策と再侵略野望を断固と粉砕すべきであろう。---

    関連記事