同紙は、しかし、今回の事件は日本の単なる悪習の表れとしてのみ見るには隠されている意図がきわめて尋常でないというところにあるとし、次のように暴露した。

かつて、日本の軍国主義海外侵略政策は主に「北朝鮮脅威」論に基づいて展開されてきた。

しかし、わが朝鮮の平和愛好的な立場と果敢な措置、それに対する国際社会の一致した歓迎により自分らの詭弁(きべん)がこんにちは、これ以上通じなくなった

他国にかこつけてこそ自国の利益をむさぼるのに、日本にとっては朝鮮半島情勢の急転換が実に困った状況だと言わざるを得ない。

    関連記事