北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は8日、日韓の「レーダー照射」問題について、原因は日本側の「軍事的挑発」にあるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:韓国専門家「わが国海軍は日本にかないません」…そして北朝鮮は

論評は「かつて、日本の軍国主義海外侵略政策は主に『北朝鮮脅威』論に基づいて展開されてきた」と指摘。それが朝鮮半島の対話ムードにより通用しなくなり「日本の反動層が考案したのが、新しい対象に対する軍事的挑発である」と主張した。

さらに「日本の反動層は南朝鮮との軍事的摩擦を起こして朝鮮半島周辺の情勢を原点に逆戻りさせることで、軍事大国化政策の実現に有利な条件を整えようと謀っている」と決めつけた。

    関連記事