北朝鮮の首都平壌で少年が両親を殺害し衝撃が広がっている。

平壌の内部消息筋は17日「昨年11月初めに平壌市の普通江中学校の6年生が両親を殺害し、脱北を行う為に新義州に逃走し捕まった事件が発生した」と明らかにした。

新義州の消息筋もこの事実を確認しており、「昨年年末に平壌から中学生が新義州に逃げこみ空き家で過ごしていたが、保安員に捕まったという情報を聞いた」と話した。

内部消息筋によれば、平壌市の普通江中学校の学生の仮名U(18歳)は、昨年11月初めに学校に提出するお金を要求したが、両親が数日間渡さなかった為、争いが発展し突発的に両親を包丁で殺害して死体をベッドの下に遺棄した。