北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、韓国最高裁が三菱重工業に元徴用工への賠償を命じる判決を下したことを巡り、判決を拒否する日本政府は「歴史をわい曲し、過去の罪悪を否定」しているとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:【動画】日本軍に虐殺された朝鮮人従軍慰安婦とされる映像

論評は「日本の反動層は汚らわしい過去の犯罪に対して自認し、誠実に謝罪する代わりに、自分らの犯罪事実を否定し、侵略史を美化してみようと厚顔無恥に振る舞っている」としながら「反人倫犯罪(人道に対する犯罪)には、時効がない」と指摘。

「日本が過去の罪悪の責任を回避しようといくらあがいても、歴史の真実と正義に逆らうことはできない」と主張した。

    関連記事