北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は18日、日本の防衛費が過去最大となったことを受けて、「海外侵略は日本の変わらぬ野望」であるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

日本政府は18日午前の閣議で、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」と、2019年度から5年間の「中期防衛力整備計画」を決定。これにより今後5年間の防衛費は総額27兆4700億円と過去最大を更新した。

論評はこれに対し、「日本の主要メディアだけでなく、中国、英国をはじめとする世界各国のメディアも強い警戒心を表している」と指摘。その理由は「高度の軍事大国化と海外侵略の道に進もうとする日本の腹黒い下心が濃くかいま見られるからだ」と主張した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 海外侵略は日本の変わらぬ野望

【平壌12月18日発朝鮮中央通信】先日、日本の「東京新聞」は現安倍政権が年内に策定しようとする防衛計画大綱と中期防衛力整備計画が内包している危険性について列挙し、「節度ある防衛力整備に努める意思を明確にすべきだ、それが憲法の趣旨である」とした。

共同通信など日本の主要メディアだけでなく、中国、英国をはじめとする世界各国のメディアも強い警戒心を表している。

18日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、日本の新防衛計画大綱と中期防衛力整備計画に対して日本国内と国際社会が鋭敏に反応するのは、まさにここに高度の軍事大国化と海外侵略の道に進もうとする日本の腹黒い下心が濃くかいま見られるからだと暴いた。

同紙は、新防衛計画大綱と中期防衛力整備計画の骨子は軍事費増額だとし、次のように暴露した。

巨額の資金で最先端武装装備を購入、開発しようとする腹黒い下心が新防衛計画大綱と中期防衛力整備計画にありのまま反映されている。

日本は、過度に支出された軍事費で米国の最先端ステルス戦闘機と最新技術装備を購入し、特に、海上「自衛隊」の護衛艦「いずも」を空母化しようとしている。

諸般の事実は、日本が今や「平和」のベールを脱ぎ捨てて軍国主義毒蛇の醜悪な姿を現そうとしていることをはっきりと示している。

今まで、戦犯国として海外侵略の野望を抱いていながらも、それをわざわざ否定して隠し、軍事大国化の道へ疾走してきた日本である。

海外侵略は、日本の変わらぬ野望である。

日本の腹黒い下心は過去も現在も変わっておらず、未来も変わらないだろうし、日本は毎日、毎時刻、自分らの野望を実現するためにあがいている。---

    関連記事