同紙は、ドイツが誠実な姿勢で過去清算の道を根気強く歩んできたなら、日本は過去清算を執ように回避する道を歩んできたとし、次のように強調した。

日本の汚らわしい行為は、血なまぐさい過去の罪悪に対する罪意識は毛頭なく、むしろ日本が他の国と民族に対する侵略に狂奔していた過去を復活させようとする野望に燃えていることをありのまま実証している。

結局、こんにち、ドイツが国際社会の認定を受けて自国の地位を高めているなら、日本は政治小者と指弾を受けながら国際社会の憤怒と呪いの的になっている。

日本が否定するとしてなくなる過去清算の義務ではなく、日本が回避するとして避けられる歴史の審判ではない。

特大型の反人倫犯罪には、時効がない。

過去清算をしない限り、日本の明るい未来は絶対にありえないということを日本は銘記すべきである。---

    関連記事