金正日の健康問題で、金正恩への権力継承が急速に進んでいるなか、後継体制がソフトランディングするかどうかに内外の関心が高まっている。

現在における金正恩後継体制の内的不安定要因は、▲金正恩後継体制の準備不足▲金正恩の経験とリーダーシップの欠如▲金正恩の脆弱な支持基盤と支配エリートの反発▲後継過程での派閥の形成などが挙げられている。

金正恩は、こういった不安定要素をおさえるために、天安艦爆沈事件や延坪島砲撃のような対外挑発に力を注ぎながら、内部ではパワーエリートの掌握に力を入れていると、対北朝鮮専門家たちは見ている。

金正恩へ権力が委譲されていないなかで、金正日の健康悪化や死亡した時、金正恩の後継体制は、リーダーシップの不在という危機に直面する可能性がある。北朝鮮の最高指導部の最大の懸念は、まさにここにある。