北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は24日、日本は憲法改正より先に過去の清算を優先させるべきとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「日本軍が慰安婦を虐殺した映像ある」北朝鮮メディア報道

論評は「憲法改悪の目的は日本を戦争のできる『通常国家(普通の国)』にすることにある」と指摘。

「国際社会は、侵略戦争にまたもや踏み出そうとする『通常国家』日本を許さない」としながら、「日本がなすべきことは、時代錯誤の憲法改悪ではなく、過去の犯罪に対する誠実な謝罪と賠償である」と強調した。

    関連記事