北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は8日、日本の安倍晋三首相や菅義偉拉致問題担当相(官房長官)が日本人拉致問題の早期解決を目指していることを非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:日本の拉致解決主張は「縁談に葬式の話」…北朝鮮メディア

論評は、安倍政権が拉致問題の解決を唱えるのは「拉致問題を国際的に世論化してわが国の対外的権威をダウンさせると同時に、朝日関係問題の本質をわい曲して両国間の関係において最大の未解決問題である過去清算を回避し、朝鮮半島問題に介入してみようとする愚かな打算が潜んでいる」と主張。

「日本は、術策を弄するのではなく一刻も早く過去清算に臨むべき」などとした。