北朝鮮の水害以後、両江道(リャンガンド)の鉄道が頻繁に遅延しているという。これは水害によって、咸鏡道や平安道一帯の鉄道の運行に支障が出ているものと思われる。

両江道では年に数回、鉄道が遅延するという事態が起きていたが、それは金日成、正日父子の「特閣(金ファミリーのために建設された保養施設)」訪問のためだった。

金父子は両江道の三池淵(サムジヨン)一帯に特閣を建設し、毎年7月、8月に避暑のために訪れた。三池淵にあった金日成の特閣は、金日成の死後5年経った1999年に爆破してしまった。金正日氏の特閣は相変らず三池淵にあるが、正確な位置は知られていなかった。

北朝鮮は金正日氏の地方巡察(1号行事)があれば、数日前から鉄道の綿密な点検を実施する。金正日氏が移動する前日と当日には、他の全ての列車の運行を全面ストップさせるので、運行中の列車でも数日間停止して待たなければならない。

周辺地域の道路も同じで、10時間前から統制される。該当地域の住民の移動が禁止されて、周辺地域の市場も一部閉鎖させられる。

金正日氏はこうした統制にも満足せず、両江道の恵山市に自分の専用列車だけが停まる「金正日専用駅」を建設した。この駅には一般の列車は停車できない。

金正日氏だけ利用することができる1号道路は全国にあるが、1号駅は現在まで、これが唯一だ。金正日氏は専用列車でこの駅に到着して、車で乗り換えて三池淵にある特閣に向かう。