人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

同通信の報道全文は次のとおり。

戦犯国の海外膨張野望を黙過できない 朝鮮中央通信社論評

【平壌10月30日発朝鮮中央通信】日本で軍国主義亡霊を復活させるための動きが、次々と現れている。

先日、日本の超党派国会議員70人が群れをなして靖国神社に参拝した。今年に入って3回目となる集団参拝騒動である。

これに先立って安倍は、「自衛隊」の査閲式なるところでいわゆる「政治家の責任」をうんぬんして、憲法に「自衛隊」の存在を明記しようとする下心を再び表明した。欧州訪問の際、神社に供物を送った首相安倍の行為もその一環と見られる。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

日本列島で起きている動きは、20世紀に破滅した軍国主義亡霊を復活させて海外膨張の汚らわしい夢を実現しようとする好戦的妄動として、国際社会の懸念をかき立てている。

問題は、安倍一味の全ての政策が日本社会を右傾化、軍国化して海外侵略の道を築くことへ志向されているところにある。

    関連記事