北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、日本の防衛費増加は「大東亜共栄圏の夢を達成するため」だとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「自衛隊の攻撃能力は世界一流」と主張する金正恩氏の真意

防衛省は2019年度の防衛費として、5兆2986億円を概算要求している。2018年度の当初予算に比べ2.1%増で、過去最大。

論評は、アジア諸国の成長により、日本は各国制圧のため軍備増強が必要になったと指摘。また、「日本は地域諸大国を力で押さえ、支配権を確立するために自由で開放されたインド太平洋戦略を考案した」としながら、再侵略の第一目標は「20世紀と同じく朝鮮半島である」と主張した。

そのうえで論評は「日本反動層の軍備増強策動は、地域諸国間の軍備競争を激化させており、アジア太平洋地域、ひいては世界の平和と安全を破壊している」と非難した。