北朝鮮と韓国は15日、先月の首脳会談で発表された「9月平壌共同宣言」履行のための南北高位級(閣僚級)会談を、板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で行い、将官級軍事会談や鉄道・道路連結のスケジュールなどに関する共同報道文を採択した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:北朝鮮の「通勤列車」が再開…しかし終点はなぜか「政治犯収容所」

会談には、朝鮮祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長を団長とする北側代表団と、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相を首席代表とする南側代表団が参加。共同報道文には、将官級軍事会談を早いうちに開催して「板門店宣言の軍事分野履行合意書」に伴う実務的問題を討議するということと、東・西海線鉄道および道路連結と現代化のための着工式、現地共同調査の時期などが示された。

韓国側の発表によれば、南北の鉄道・道路の連結・整備に向けた着工式は11月下旬から12月初旬までの間に行われる。

また南北山林協力分科会議を10月22日に、北朝鮮・開城に設置された南北共同連絡事務所で実施。2020年東京五輪などの国際試合に合同で参加することや、2032年夏季五輪の南北共同開催問題を協議するための南北体育会談を10月末ごろ、同事務所で行うことでも合意した。

さらに、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会事業のための南北赤十字会談を11月中に金剛山で開く。北朝鮮芸術団の韓国公演に関する実務問題を早期に協議し、推進することでも合意した。