北朝鮮の金正恩党委員長とロシアのウラジミール・プーチン大統領は12日、両国の外交関係設定70周年に際し祝電を交換した。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は祝電で、「戦略的で伝統的な朝露親善関係が新時代の要求と両国人民の利益に合致するように持続的に、建設的に引き続き発展すると確信する」と表明。

プーチン氏は「すでに収めた成果に基づいてわれわれが南朝鮮の同僚との3者計画を含む全ての互恵的な関係をいっそう強化するようになると確信する。これは疑う余地もなく両国人民の利益に合致し、朝鮮半島と北東アジア地域全般の安全と安定の強化に寄与する」と述べている。

同通信が伝えた祝電の全文は次のとおり。

金正恩国務委員長がロシア大統領に祝電

【平壌10月12日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である国務委員会の金正恩委員長がロシアのウラジーミル・V・プーチン大統領に12日、祝電を送った。

祝電は、次の通り。

私は、朝露外交関係設定70周年に際してあなたとあなたを通じて友好的な貴国人民に温かいあいさつを送る。

先代指導者たちによって結ばれた朝露友好・協力関係は相互尊重と善隣、互恵の原則に基づいて絶え間なく強化され、発展してきたし、このような伝統は新世紀に入って変わることなく継承されている。

私は、70年の歴史を有している戦略的で伝統的な朝露親善関係が新時代の要求と両国人民の利益に合致するように持続的に、建設的に引き続き発展すると確信する。

私はこの機会に、強いロシアを建設し、国際的正義を実現するためのあなたの責任ある活動での成果と貴国人民に福利と繁栄があることを心から願う。---

金正恩国務委員長にロシア大統領から祝電

【平壌10月12日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である国務委員会の金正恩委員長に12日、ロシア大統領から祝電が寄せられた。

祝電は、次の通り。

尊敬する金正恩閣下

私は、両国間の外交関係設定70周年に際して心からの祝賀を送る。

これまでの数十年間、ロシア連邦と朝鮮民主主義人民共和国は各分野での建設的な協力過程に多くの経験を積んだ。

私は、すでに収めた成果に基づいてわれわれが南朝鮮の同僚との3者計画を含む全ての互恵的な関係をいっそう強化するようになると確信する。

これは疑う余地もなく両国人民の利益に合致し、朝鮮半島と北東アジア地域全般の安全と安定の強化に寄与するだろう。

私は、あなたが健康で成果を収めることを心から願うとともに、朝鮮民主主義人民共和国の全ての公民に幸福と福利があることを願う。

敬意を表する。---

    関連記事