北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は29日、「日本が朝鮮半島に緊張状態を醸成して漁夫の利を得ようとしている」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、海上自衛隊のイージス艦「あたご」が12日、米ハワイ沖で実施した弾道ミサイル用の迎撃実験に言及。「われわれに対する『武力示威』の一環として公然と強行された」と反発した。

そのうえで論評は、「朝鮮半島に流れる平和的雰囲気をあくまでも阻み、地域に緊張状態を醸成して漁夫の利を得ようとするのが、日本のサムライ後えいの体質的な悪習と腹黒い下心」だと決めつけた。

海自は前述の実験で迎撃ミサイル「SM3」を発射し、標的に命中させた。弾道ミサイル防衛(BMD)能力を備えた海自のイージス艦は、すでにSM3の搭載が可能な「こんごう」型の4隻に続き、5隻目になった。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮半島に流れる平和的雰囲気をあくまでも阻もうとする日本反動層を糾弾

【平壌9月29日発朝鮮中央通信】先日、日本海上「自衛隊」は米ハワイ沖でイージス艦「あたご」に搭載した迎撃ミサイル「SM3ブロック1B」の発射試験を行った。

海上「自衛隊」がブロック1Bの発射試験を行ったのは今回が初めてだという。

29日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、こんにち、国際社会は朝鮮半島とその周辺地域を平和の地盤につくっていこうとする全朝鮮民族の意志と志向を目撃しながらそれに積極的な歓迎と支持を送っており、よい結実があることを心から願っているが唯一、海向こうの島国日本の反動層だけが大勢の流れに逆行して濃い火薬のにおいを漂わせて殺伐な軍事的狂気を振るっていると糾弾した。

同紙は、重大視せざるを得ないのは今回の試射がわれわれに対する「武力示威」の一環として公然と強行されたことだとし、次のように指摘した。

朝鮮半島で画期的な出来事が到来するたびにねたみながら悪意に満ちて謗っている者が、ほかならぬ意地悪いことで有名な日本の反動層である。

朝鮮半島に流れる平和的雰囲気をあくまでも阻み、地域に緊張状態を醸成して漁夫の利を得ようとする日本のサムライ後えいの体質的な悪習と腹黒い下心は毛頭変わっていな「い。

今、現日本反動支配層の目標は日本を戦争のできる国につくってアジア太平洋地域に対する支配権を握ろうとすることである。

日本がいくら狂奔しても朝鮮半島と地域の平和と安定を願う全朝鮮民族と国際社会の志向を阻むことはできない。

日本の政客らに忠告しておくが、こんにちの現実を客観的に透視し、正確に思惟できる能力から育まなければならない。

それが自身のためにもよいだろう。---

    関連記事