北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、日本の政客が北朝鮮の脅威を主張するのは、軍国主義を復活させるための口実であると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、小野寺五典防衛相がある座談会で、北朝鮮の「脅威」により日本の安保環境が悪化していると述べたと言及。これは3日に開かれた、防衛相と自衛隊の幹部会同を指すと思われる。

そのうえで論評は、「わが国家の主動的な措置によって朝鮮半島の情勢が緩和へと方向を転換していることを知らない人はこの世にいない」と指摘。
日本当局が「脅威」を強調するのは、日本を「戦争国家」とするための安倍政権の最終目標のためであり、「憲法だけ改悪すれば日本は戦争国家としての面ぼうを完全に備えるようになる」と強弁した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 戦争国家のつくり上げを狙った日本反動層の「脅威」うんぬんの腹黒い下心を暴露

【平壌9月18日発朝鮮中央通信】最近、日本防衛相の小野寺は座談会で、日本人が安保環境の深刻さについて知ることを願うと述べ、朝鮮の「脅威」によって日本の安保が昨年よりもっと悪くなっていると言った。

18日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは自国内に対朝鮮敵対意識を鼓吹して軍国主義野望実現のための足場をつくってみようとする日本反動層の汚らわしい術数であると暴いた。

同紙は、日本政客らが折に触れ、「脅威」うんぬんを並べ立てても国際社会はそれを信じていないとし、次のように強調した。

わが国家の主動的な措置によって朝鮮半島の情勢が緩和へと方向を転換していることを知らない人はこの世にいない。

せっかくもたらされた情勢緩和の雰囲気が高まるべきだということは、国際社会の一致した要求である。

日本当局が「脅威」をしつこく鼓吹する腹黒い下心は明白である。

日本を戦争国家につくるのは、安倍一味の最終目標である。

彼らは今年を憲法改悪実行の土台を築くための重要な年と見なしている。

憲法だけ改悪すれば日本は戦争国家としての面ぼうを完全に備えるようになる。

安倍一味は、戦争国家つくり上げの道へ疾走するなら、与えられるのは孤立と自滅だけであることを銘記し、自重すべきである。---

    関連記事