北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、日本の政客が北朝鮮の脅威を主張するのは、軍国主義を復活させるための口実であると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「自衛隊の攻撃能力は世界一流」と主張する金正恩氏の真意

論評は、小野寺五典防衛相がある座談会で、北朝鮮の「脅威」により日本の安保環境が悪化していると述べたと言及。これは3日に開かれた、防衛相と自衛隊の幹部会同を指すと思われる。

そのうえで論評は、「わが国家の主動的な措置によって朝鮮半島の情勢が緩和へと方向を転換していることを知らない人はこの世にいない」と指摘。
日本当局が「脅威」を強調するのは、日本を「戦争国家」とするための安倍政権の最終目標のためであり、「憲法だけ改悪すれば日本は戦争国家としての面ぼうを完全に備えるようになる」と強弁した。