北朝鮮国営の朝鮮中央通信は15日、河野太郎外相が、北朝鮮の求める朝鮮戦争の終戦宣言について「時期尚早」と指摘したことについて「無分別なたわごと」であると非難する論評を配信した。

(参考記事:「日本に無慈悲な報復」金正恩氏、お土産没収に激怒

論評は「日本外相のつまらない言葉は周辺の構図から完全に縁に押し出された自分らの哀れな境遇を覆い隠し、対決雰囲気の鼓吹で地域問題に首を突っ込もうとする意地悪な根性をありのままさらけ出している」などしている。