北朝鮮国営の朝鮮中央通信は17日、「朝鮮労働党中央委員会委員で朝鮮最高人民会議代議員、人民武力省総顧問である金永春氏(朝鮮人民軍元帥)が、急性心筋梗塞によって16日3時10分82歳を一期に惜しくも逝去した」と伝えた。

(参考記事:北朝鮮「軍内部で不満爆発」の戦慄情報

1936年生まれで、日本の防衛相に相当する人民武力部長、軍総参謀長、国防委員会副委員長などを歴任した金永春(キム・ヨンチュン)氏は、金正日総書記時代を代表する軍の実力者。

同通信によれば、党中央委員会、党中央軍事委員会、朝鮮国務委員会、朝鮮最高人民会議常任委員会が共同名義による訃音を発表。「金永春氏は主席と総書記の忠実な革命戦士、最高指導者金正恩党委員長の親しい革命戦友であり、わが革命武力の強化・発展に大きく貢献した堅実な老革命家である」と称えた。

同通信はまた、金永春氏の葬儀は国葬として行われると伝え、金正恩党委員長と149人の委員からなる国家葬儀委員会が構成されたことが設けられたことを明らかにした。