北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は14日、北東アジアの地域安保のためには日本の軍事力を抑え込むべきと主張する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「自衛隊の攻撃能力は世界一流」と主張する金正恩氏の真意

論評は、日本政府が進める無人偵察機「グローバル・ホーク」や弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の導入計画に言及。日本は「北朝鮮脅威説」をその理由としているが、実際には「中国とロシアの戦略兵力をけん制しようとする下心」があると指摘した。

論評はさらに「海外侵略を急ぐ日本の目標は朝鮮半島に留まっておらず、日本は広大な大陸を狙って生唾を飲み込んでいる」と主張。「戦犯国である日本の軍事的妄動を制御するのは、どの一、二カ国の安保的利益に限られた問題ではなく、地域全般の平和と安全に関する重大な問題」であると述べた。