人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

同紙は、日本が導入と配備を急いでいる先端軍事装備はその性能において日本の防衛需要をはるかに超過しているとし、次のように強調した。

一機当たりの価格が天文学的金額に及ぶ米国産「イージス・アショア」の購入時期を早めようとするのも、窮極にはわが国だけでなく、中国とロシアの戦略兵力をけん制しようとする下心の発露である。

このように海外侵略を急ぐ日本の目標は朝鮮半島に留まっておらず、日本は広大な大陸を狙って生唾を飲み込んでいる。

すでに、わが国だけでなく、少なくない国々に侵略の足を踏み入れた日本である。

戦犯国である日本の軍事的妄動を制御するのは、どの一、二カ国の安保的利益に限られた問題ではなく、地域全般の平和と安全に関する重大な問題である。---

    関連記事