北朝鮮国営の朝鮮中央通信は14日、日本が「平和国家」を自称するのは「よこしま」であると主張する、外務省傘下・日本研究所の李明華(リ・ミョンファ)研究員の論評を配信した。

(参考記事:北朝鮮が日本だけを非難…安倍さんは金正恩氏と会って大丈夫か

「いつまで『平和』の看板で世界を欺くつもりか」と題された論評はで李氏は、「日本が敗北後、『平和国家』として戦争否定の誓いを堅持してきたし、今後も世界の平和と安全に積極的に寄与すると言った安倍の太平洋戦争敗戦70年の談話」について、「よこしまだ」と指摘。続けて、最近の朝鮮半島情勢を巡り次のように論じた。

「朝鮮半島と地域の情勢は対話と緊張緩和へ志向され、世界の多くの国が平等と互恵、未来のための全面的な関係調整と発展の道を選んでいる。

このような時に、日本の二重的振る舞いは世界の平和の流れを左右する朝鮮半島問題に対する立場からその本色をさらけ出すしかない。

年明けから首相をはじめ高位政客が頻りに、北朝鮮のほほ笑み外交に惑わされるな、圧力強化が作用しているのではないかと離間行為をこととし、対話の雰囲気に水を差した。

そして、いざ歴史的な板門店(パンムンジョム)首脳の対面に続いて、シンガポール朝米首脳会談が実現されると、鼻がぺちゃんこになった」

そのうえで論評は、「世界の平和と安定に大きな影響力を及ぼす朝鮮半島問題に対するうえで要は、世界的な戦略国家である朝鮮の実体をはっきり見て対外政策的立場を調律すること」だと主張。「日本にとって、平和に対する真情さは過去清算にある」などと述べた。