朝鮮半島に近い日本領海で多国籍海上遮断訓練なるものが強行されたのは、朝米両国間の敵対関係を解消し、信頼回復のために努力しているわれわれに対する挑発であり、朝米関係の改善を確約したシンガポール朝米共同声明に対する乱暴な違反である。

今回の訓練に周辺海域を提供し、軍事行動に積極的に便乗した日本の不遜な妄動は、なんとしても朝鮮半島情勢緩和の局面を対決と戦争の逆風に逆戻りさせようとする無謀な行為であり、宗主を後ろ盾にして軍国主義の復活とアジア再侵略策動に拍車をかけようとする凶悪な企図の発露である。

同紙は、今回の訓練に武力を派遣した南朝鮮軍部の誤った行為に対しても糾弾した。

また、大勢の流れに逆行して分別を失って無謀な軍事的妄動に加担する者らは、軽挙妄動が取り返しのつかない結果を招くということをはっきり認識し、むやみに狂奔してはならないと警告した。---

    関連記事