北朝鮮国営の朝鮮中央通信は6日、日本人拉致問題は「解決済み」であるとし、過去の植民地統治の「徹底的な賠償」を要求する論評を配信した。

論評はまず、「先日、外相河野と参議院議長なる者がいわゆる非核化と「拉致問題」について語った」と指摘。これは、伊達忠一参院議長がロシア上院で行った演説(7月24日)や、河野太郎外相がASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議に際して行った諸外国との接触で、拉致問題解決への解決を訴えたことを指すと見られる。ちなみに、河野氏はARF閣僚会議が行われたシンガポールで3日夜、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と短時間接触し、日本政府の考え方や基本的な立場を伝えている。

論評は、こうした日本側の動きについて、「妄言」であるとして反発。「島国が瀕した哀れな境遇は全て、時代錯誤の対朝鮮圧力一辺倒政策から招かれたもの」だとしながら、「日本はすでに解決済みの『拉致問題』をまたもや持ち出して反朝鮮敵対雰囲気を鼓吹することにより、自らの運命をさらに抜き差しならぬ窮地へ押し込んでいる」と主張した。

そのうえで「日本がわが国家に担った第1次的な法律的・道徳的義務は、過去の血なまぐさい侵略犯罪に対する誠実な反省と痛切な謝罪、徹底的な賠償である」と述べた。

論評の全文は次のとおり。

小細工を弄するな 朝鮮中央通信社論評

【平壌8月6日発朝鮮中央通信】日本がまたもや、無分別に振舞っている。

先日、外相河野と参議院議長なる者がいわゆる非核化と「拉致問題」について言った。

これに先立った首相安倍の「費用分担」だの、「首脳会談実現」だのというほらと一脈相通ずる今回の妄言は、朝鮮半島問題になんとしても介入しようとする日本の不安な内心を見せている。

そうするからといって、どん底に落ちた日本の境遇が変わるだろうか。

周知のように今、日本は朝鮮半島と地域の平和と安全保障のための各側の対話と協力プロセスに唯一名刺も出せない恥をかいている。

日を追って対話の雰囲気に水を差し、混乱だけをつくる日本であるため、日本に対する国際社会の視線また、日々厳正になっている。

一言で言って、日本は行く先々でのけ者にされ、冷遇を受ける史上最悪の困惑した状況に陥っている。

これに極度にあわてふためいたあまり、さまざまな妄言で世人の注意を引いてみようとしているのである。

島国が瀕した哀れな境遇は全て、時代錯誤の対朝鮮圧力一辺倒政策から招かれたものである。

大勢から離れて旧態依然とした対朝鮮敵視基調をそのまま維持しながら、われわれといかに対座することができ、日々ひどくなる「疎外」現象から果たして脱することができるだろうか。

にもかかわらず、日本はすでに解決済みの「拉致問題」をまたもや持ち出して反朝鮮敵対雰囲気を鼓吹することにより、自分らの運命をさらに抜き差しならぬ窮地へ押し込んでいる。

他人がみんな飛び降りる対決の船に独り残って朝鮮半島の緊張激化、情勢悪化の櫓を熱心に漕いでいく島国のざまこそ、実に笑止千万である。

いかほどであれば、外信まで「日本は朝鮮半島問題の討議で確かに2部類国家に追し出された」と嘲笑(ちょうしょう)するだろうか。

こんにち、日本がわが国家に担った第1次的な法律的・道徳的義務は、過去の血なまぐさい侵略犯罪に対する誠実な反省と痛切な謝罪、徹底的な賠償である。

日本がいくら大勢の流れに加わってみようと術策を弄しても、罪悪で満ちる過去をきれいに一掃する前には、現在の哀れな境遇から絶対に脱することができない。---

    関連記事