同通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 独島強奪野望で日本反動層の策動を糾弾

【平壌7月31日発朝鮮中央通信】先日、日本政府が独島を「日本固有の領土」と教えるように改正した指導要領を2019年から高等学校のカリキュラムに適用することを指示した。

日本文部科学省はすでに今年3月、今後、高等学校のカリキュラムに自分らの「独島領有権」を反映することについて指示したが、当時には改正された指導要領の適用時期が2022年になっていた。

それが今回、その時期を3年も繰り上げた。

31日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これだけを見ても日本の反動層が今、独島強奪野望を実現するためにどれほど血眼になって狂奔しているのかがよく分かると指摘した。

    関連記事