北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日、全国で例年にない高温現象が続いていると伝えた。

同通信によると、15日から東海岸の一部地域で始まった高温現象は、次第に全国に拡大。特に22日の最高気温は江原道(カンウォンド)の元山(ウォンサン)市で39.7度、文川(ムンチョン)市で39.2度、川内(チョンネ)郡と安辺(アンビョン)郡、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の金野(クミャ)郡で39度と、それぞれ観測史上最高を記録した。

また、同日の全国平均最高気温は34.6度、平年より7.2度高く、1981年以降で最高だった1997年7月26日の34度を上回った。

今後については、「23日から東海岸地域で少し弱まって26日まで続き、西海岸と北部内陸地域で数日間弱まる傾向があるが、8月初めまで持続する」もようだとしている。

同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮で高温現象が続く

【平壌7月24日発朝鮮中央通信】最近、雨期の天気に主な影響を与える北西太平洋高気圧が例年になく急激に強化されて朝鮮の全般的地域で初伏を前後してとてもひどい高温現象が持続的に現れている。

15日から東海岸の一部の地域で始まった高温現象は、次第に大部分の地域に拡大した。特に、22日の気温は東海岸地域である江原道の元山市で39.7度、文川市で39.2度、川内郡と安辺郡、咸鏡南道の金野郡で39度で気象観測以来、最高であった。

22日に全国平均最高気温は34.6度で21日より1.3度、平年より7.2度、チュチェ70(1981)年以降最高であった1997年7月26日の全国平均最高気温である34度より高かった。

気象専門家によると、最近続いている高温現象は梅雨が早く始まって中断されながら朝鮮が暑くて湿った亜熱帯気団の影響を本格的に受けているからである。

高温現象は、23日から東海岸地域で少し弱まって26日まで続き、西海岸と北部内陸地域で数日間弱まる傾向があるが、8月初めまで持続すると予見している。---

    関連記事