今、朝鮮半島問題に利害関係のある国々は全て、地域の肯定的な情勢発展に合流するための外交的努力に拍車をかけている。

ところが唯一、日本の反動層だけが朝鮮半島に和解と平和の気流が流れることを快く思っていない。

良好に発展している現実は、「大東亜共栄圏」の昔の夢を抱いて「戦争が可能な国」に狂ったように疾走してきた日本にとって、朝鮮半島の緊張激化で漁夫の利だけを得てきた安倍政権にとって最悪の災難同様だからである。

日本が「制裁維持」や「拉致問題」を執拗(しつよう)に世論化して朝鮮半島問題に介入しようとする目的もほかにあるのではない。

特大型のスキャンダルで窮地に追い込まれた対内統治危機を免れ、憲法改悪などで自分らの軍国主義的目的を実現し、くだらない「金銭外交」で国際社会を誘惑してみようとすることである。

    関連記事