人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

同通信の報道全文は次のとおり。

園児まで暴行する国が「法治国家」なのか 朝鮮中央通信社論評

【平壌7月23日発朝鮮中央通信】低俗極まりない政治いびつである日本が、世界の面前でまたもや自分らの稚拙な姿をさらけ出した。

去る18日未明、総聯(朝鮮総聯)の神奈川県本部管下鶴見朝鮮幼稚園のガラス窓が日本のならず者らによってひどく破壊される事件が起こった。

朝鮮は、今回の事件を日本政府が民族差別と朝鮮人弾圧など、反朝鮮、反総聯の社会的風潮を意図的に助長させている中で起こった暴力事件として、去る2月に発生した総聯中央会館に対する拳銃乱射事件と本質的に同じテロ行為だと断言する。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

去る2月23日、日本の極右反動団体と結託したごろつきは総聯中央会館に数発の銃弾を乱射して総聯の活動家と在日同胞の身辺安全を甚しく脅かし、建物を破損させる極悪非道な犯罪行為を働いた。

看過できないのは、日本の反動層が朝鮮半島の情勢緩和の兆しが現れると非常に不安がり、と焦燥感にとらわれて朝鮮の海外公民団体である総聯を抹殺するために在日朝鮮人運動の命脈を継いでいく新世代に対する民族教育を崩すことを主要目標にしていることである。

    関連記事