北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日、金正恩党委員長が江原道(カンウォンド)にある朝鮮人民軍第122号育苗場を視察したと伝えた。視察の日時は明らかにされていない。

金正恩氏は最高指導者に就任して以来、山林の緑化事業に力を入れており、2015年と2016年にも同育苗場を視察している。しかし、緑化事業は上手く行っていないもようで、最近になり、韓国と協力することで合意した。

同通信によれば、金正恩氏は「年間2000余万株の苗木を栽培できる大規模な苗木栽培拠点がもう一つ立派に立ち上がったことに喜びを禁じ得ず、江原道で膨大な工事を短期間に完工し、この1年間に育苗場の管理・運営において提起される問題に関連する対策を円滑に取ることによって苗木の栽培を安全に行える物質的・技術的土台をうち固めておいたことを高く評価した」という。

また、「豊富な山林資源は経済建設の大事な元手になるとし、道内の全ての山を黄金の山、自然原料基地に転変させるための山林復旧戦闘で兵器廠同様の育苗場を遠い後日にも遜色のない万年大計の建築物にうち建てて苗木を大々的に栽培すべきである」と述べた。

視察には朝鮮労働党中央委員会の幹部である黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、韓光相(ハン・グァンサン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。

同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が江原道育苗場を現地指導

【平壌7月24日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩委員長が、江原道育苗場を現地で指導した。

最高指導者は、育苗場の各所を見て回った。

2年前、苗木栽培の科学化、工業化、集約化が立派に実現された朝鮮人民軍第122号育苗場を現地で指導した最高指導者は、各道にも第122号育苗場のように一年に2000万株の苗木を栽培できる近代的な土地節約型、省力型育苗場を建設し、モデルとして江原道育苗場を各道に建設する育苗場のモデル、標準に築く課題を打ち出して設計と施工、資金と資材、設備供給対策をいちいち建ててやり、育苗場の建設を賢明に導いた。

最高指導者は、年間2000余万株の苗木を栽培できる大規模な苗木栽培拠点がもう一つ立派に立ち上がったことに喜びを禁じ得ず、江原道で膨大な工事を短期間に完工し、この1年間に育苗場の管理・運営において提起される問題に関連する対策を円滑に取ることによって苗木の栽培を安全に行える物質的・技術的土台をうち固めておいたことを高く評価した。

また、豊富な山林資源は経済建設の大事な元手になるとし、道内の全ての山を黄金の山、自然原料基地に転変させるための山林復旧戦闘で兵器廠同様の育苗場を遠い後日にも遜色のない万年大計の建築物にうち建てて苗木を大々的に栽培すべきであると述べた。

そして、育苗場を大きく築いて苗木の栽培を能力通りできなければ意義がないと述べ、苗木栽培の科学化水準をさらに高めて一年に二回栽培するようにし、経済的および観賞的価値が高く、道の気候風土に合う良種の苗木をより多く栽培、供給して山林造成事業で実際におかげを被り、効果を現すようにすべきであると語った。

最高指導者は、苗木栽培の科学化、工業化、集約化の水準が一段階より高まった育苗場のモデルが建設された成果と経験に基づいて、各道で現在進行中の育苗場の建設をいち早く終えなければならないと述べた。

最高指導者は、科学技術普及室を通じた技術学習を正常化し、育苗場間の経験交換、遠隔協議システムを築いて従業員の技術・技能水準をより高め、先進的な苗木栽培技術を積極的に発展させ、完成しなければならないと述べた。

また、管理庁舎と会議室、総合便益施設と従業員の住宅も中央の専門建設部隊が建設したものに劣らず立派に建てたとたたえ、住宅をひとつ建てても発展する時代の要請に即してわが人民が志向する文明の高さに合わせてしなければならないと述べた。

最高指導者は同日、育苗場の従業員である除隊軍人夫婦の住宅を訪れて彼らと談話し、家庭の暮らしについても温かく気を配った。

最高指導者は、江原道育苗場をとても満足に見て回ったとし、朝鮮労働党のアピールを先頭に立って決死の覚悟で貫徹し、党政策の貫徹に一斉に立ち上がる江原道の人々の闘争気風と精神世界が確かに違う、全てが不足して困難な条件の下でこのようにものすごい育苗場を建設するということは言葉のように容易くなかっただろうに、本当に感服する、党政策の貫徹でいつも一番先に旗印を掲げて進む江原道党には仕事をさせる甲斐があり、一つでももっとやってみるとしてあくせくと働いている江原道の活動家らを一つでももっと援助してやりたいと述べ、道の経済事業において切実な問題をその場で解決してやる恩情に富む配慮を施した。

最高指導者は、江原道育苗場の活動家と従業員が山林復旧戦闘の前哨兵、先兵、直接的な担当者という高い責任感を抱いて苗木の栽培を高い水準で正常化することによって、全国を樹林化、園林化することに積極的に寄与するとの期待と確信を表明し、彼らと共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会の幹部である黄炳瑞、韓光相、趙甬元の各氏が同行した。---

    関連記事