北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、韓国政府が「口先では板門店(パンムンジョム)宣言の履行を唱えながら、米国の顔色ばかりうかがっている」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:北朝鮮メディア、日本だけを非難…米朝会談の裏で「狙い撃ち」

北朝鮮メディアは最近、南北対話の流れを受けて韓国政府に対する非難を控えていた。ここへ来て非難の声を上げたのは、経済協力が進まないなど、南北対話の進み方にいらだちを強めているためと思われる。

論評は、今年に入ってからの南北対話と米朝対話の流れを韓国政府が自ら導き出したかのように「事実を転倒し、対面もなく自画自賛している」と指摘。「われわれとの対話テーブルに対座して口先では板門店宣言の履行を唱えているが、米国宗主の顔色だけをうかがって北南関係の根本的な改善のための何の実践的措置も講じておらず、それによって北南間に解決すべき重大な問題が口を切ったまま無期限漂流している」と不満を露わにした。

また、韓国政府が「韓(朝鮮)半島の運転席に座る」としていることにも反発。「南朝鮮(韓国)がこっちにへつらえばあっちが反発し、あっちに屈従すればこっちがかんぬきを差す悪循環の中で、運転者どころか助手役もろくにできないというのは、過ぎ去った歴史を通じて知って余りあるあまりにも明白な理である」と述べた。

さらに、韓国の文在寅大統領が最近のシンガポールでの講演で「(朝米)首脳が直接した約束を守らければ国際社会から厳重な審判を受けることになる」としたことについても、「せん越だ」として反発した。

そのうえで論評は、韓国政府は「今のような重大な時期に自分らの政治的利益や体面維持だけに汲々としてむやみに振る舞ってはならない」「今からでも気を確かに持って民心の要求通りに外部勢力追従ではなく、真に自主統一の道、わが民族同士の道に踏み出さなければならない」と主張した。