北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、日本の安倍晋三首相を「不正腐敗の元凶、大国にへつらう政治奸商」であると罵倒する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、沖縄県糸満市で23日に開かれた沖縄全戦没者追悼式で安倍氏に対し「モリカケー(森友、加計)」「帰れー」などのヤジが飛び交ったことなどに言及。

続けて「安倍は首相の座に就いた瞬間から権力を利用して自分の財布を満たすのに血眼になった不正腐敗の元凶であり、対外関係において定見もなしに大国にへつらって政治的余命と権力を維持してみようとする政治奸商である」と決めつけた。

続けて「日本の民心はすでに安倍の腐った政治に唾棄して背を向けたし、彼の政治的運命に判決を下した」としながら「安倍は、他人のことに干渉する前に、危なくなった自分の政治的運命について心配する方がよかろう」と指摘。北朝鮮への圧力維持を主張する安倍氏への反発を露わにした。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 民心に排斥される腐敗した安倍政権を嘲笑

【平壌7月11日発朝鮮中央通信】先日、日本の沖縄県で行われた辺野古への普天間米海兵隊航空基地移設に反対する大規模な抗議活動で参加者は土、砂を投入するな、などと書かれたプラカードを手にして基地を建設するなというスローガンを叫んで工事を強行している安倍を糾弾した。

これに先立って開かれた沖縄全戦没者追悼式では、安倍を「モリカケー(森友、加計)」と揶揄(やゆ)し、帰れという声が飛び交った。

「沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と言う安倍を「嘘つけ!」と決め付けて嘲弄する参列者もいた。

11日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、安倍は民心を大きく失ったとし、執権後、今まで彼は自国民の意志に背ちする時代錯誤の反動政治、反人民的な政策を実施して不正腐敗をこととするなど、悪行だけを選んで働いたと暴露した。

同紙は、安倍は首相の座に就いた瞬間から権力を利用して自分の財布を満たすのに血眼になった不正腐敗の元凶であり、対外関係において定見もなしに大国にへつらって政治的余命と権力を維持してみようとする政治奸商であると糾弾した。

また、日本の民心はすでに安倍の腐った政治に唾棄して背を向けたし、彼の政治的運命に判決を下したとし、次のように強調した。

問題は、ついた癖は焼いてものかぬということわざ同様、安倍がいまだに気を確かに持てずにあちこちを歩き回って朝鮮半島問題に干渉しようと請託外交、哀願外交に執着しているのである。

身の程も知らずに慌しく振る舞っている安倍のざまを見れば実に笑止千万である。

安倍は、他人のことに干渉する前に危なくなった自分の政治的運命について心配する方がよかろう。---

    関連記事